化学物質過敏症は緩やかで激しい

柔軟剤の香料で頭痛・めまい→化学物質過敏症を発症した みゃうまつものブログ

脱水症予防と水分補給01

IC020MCS015化学物質過敏症 脱水症予防と水分補給01

この記事にはこんなことが書いてあります ニャ

  • 脱水症状防止のために2020年夏に行ったこと
  • 1日の摂取水分量
  • 水分補給のタイミング
  • 夏の発汗と塩分(ミネラル)補給

 

こんにちは みゃうまつもです

今回は脱水症状を「防止」するための
夏の水分・ミネラル補給方法についてでございます

 

 おねがいします 

この疾患は人によって発症の原因物質・初期発症部位が異なります。

また、体質・遺伝・環境因子によっても左右されます つまり、人によって

合う/合わない 可能/不可能 が異なります

あくまで参考までに留めていただいて、購入・使用の最終的な判断は

ご自身で行っていただきますようお願いいたします

・品物を使用したことで生じた症状の悪化

・購入費用の補償

などにつきましては、一切の責任を負いかねますことをどうかご了承くださいませ

 

過去に某投稿サイトにUPした「夏の水分補給」についての記事に
実際に行った内容と結果・今後についてを追記したものでございます
*全部で9ページあるため、今回も2つに分けて「2020年夏に行った水分補給方法と結果」についての5ページを先ずUPしました
後半は「2020年の方針を決めるために調べたこと」についてでございます

 

化学物質過敏症脱水症予防と水分補給M015-01

お願いいたします

化学物質過敏症脱水症予防と水分補給M015-02

予防法と対処法は分けて考えたいです

化学物質過敏症脱水症予防と水分補給M015-03

どんな対策も医師の指示が優先です

化学物質過敏症脱水症予防と水分補給M015-04

体調不良袋はすぐ開けられることが重要です

化学物質過敏症脱水症予防と水分補給M015-05

熱中症にならなかったのでおおむね成功?

 

2020年夏は

熱中症・脱水症状になりませんでしたが
2021年は今までと生活が変わってしまったため

これまでと同じような方法では予防にならないことがわかりました

 

確かに生活活動強度は同じなのですが

明らかに熱中症・脱水症リスクが上がっているのです

 

柔軟剤からの体調不良による

 気づかぬうちに脱水症

 2020年秋から自宅周辺の柔軟剤がひどくなった

 換気で換気扇使用時、窓を開けた時、洗濯機(外)の作業時、出勤、帰宅時の玄関…

 体調不良袋にエチケット袋を入れたのもこれのせい

 下手するとめまいで動けず、嘔吐で更に脱水が加速

 

自分のタイミングで補給できない仕事による

 水分補給不備による脱水症

 人員不足でトイレに行く間もなくなってしまった

 更に新型コロナウイルス感染症のあおりでより多忙となり

 休日出勤(その後固定で出勤日増)までしているのに間に合わない

 せめて休日だけでも上手に水分補給せねば


それでも調べておいてよかったと思いました

多忙になってから、柔軟剤リスクが上がってから

対策を考えようとしても無理だったでしょう

 

次の記事で

参考にした資料も紹介いたします