化学物質過敏症は緩やかで激しい

柔軟剤の香料で頭痛・めまい→化学物質過敏症を発症した みゃうまつものブログ

みゃうまつも アバウト 化学物質過敏症は緩やかで激しいabout画像

 

こんにちは みゃうまつもです

隣家の柔軟剤が原因で化学物質過敏症(MCS)を発症し、その後、電磁波過敏症(EHS)を併発、香害で苦しむ者の典型的な進行をたどるいきものです

 

 

MCS・EHSはまだ新しい疾患ですので、みなさんの回りでも、勿論医療界でも、まだまだデータが足りない状態です。

そのため、

MCS予備軍の人や潜在的な発症者はかなりいると思います

 

 

 症状が人によってばらばらで、他の疾患と類似の症状もあるため

MCS・EHSだと気づけない

 

もしかしたら気のせいじゃなくて病気かも?と運よく気づいても

何科にかかればいいのかわからない

(医者によっては「そんな病気知らない」とまで言います*実体験)

 

ネットで調べようにも、

検索ワードがわからない

 

過激な柔軟剤廃止派やMCS・EHS否定派の発信ばかりHITして、

自分が本当に欲しい情報が見つけられない…

 

 

これらのために私は発症したとき、本当に苦労しました

 

 

EHSになってからは長くパソコンを使えず

まだ患者さんのブログも多くなかったころ

運よく近くに専門医があるとわかったのは 病院検索サイト情報ではなく、患者さんのブログのおかげでした

 

 

治療(寛解)方法も患者さんのブログ頼みでしたが、あの時自分が一番欲しかった生きるための情報は、ブログ主の一日の出来事や雑記の記事に埋もれており、その大量の記事の中から探すのはとても困難でした

 

医学論文を漁り、専門用語に辟易したことも

 

 

そんな中で、

 

 

生活方法や、使える(使えない)洗剤・生活必需品、体質改善など、

 

MCS患者が最初に知りたかった情報

をデータベース化していた患者さんのブログを見つけることができました

 

その方は私とは若干症状が異なるため、すべて有用であったわけではありませんが、とても助かりました 

 

そんな経験があるからこそ

 


MCS/EHSへの理解を求める話

柔軟剤・電磁波の危険性を訴える話

自分の日記、病についての感想
   …等々よりも先に


あの頃に私が知りたかった情報を多く書きたい

 

なぜこんな症状が自分に出たのかわからず、
周囲に理解されず、途方に暮れていた恐怖を
私はまだ忘れていないから

 

 おねがいします 

この疾患は人によって発症の原因物質・初期発症部位が異なります。

また、体質・遺伝・環境因子によっても左右されます つまり、人によって

合う/合わない 可能/不可能 が異なります

あくまで参考までに留めていただいて、購入・使用の最終的な判断は

ご自身で行っていただきますようお願いいたします

・品物を使用したことで生じた症状の悪化

・購入費用の補償

などにつきましては、一切の責任を負いかねますことをどうかご了承くださいませ

ブログ投稿数
22 記事